情報処理センターは、本学の基盤といえるネットワークおよび認証基盤システムの提供、そしてそれらを活用した教育・研究の支援を行っています。地理的に離れている品川キャンパスと越中島キャンパス間は、SINET5(学術情報ネットワーク)を経由して、大学として一つのネットワークとして利用できる環境とするとともに、国内外問わず学外に対する高速通信を実現しています。
 各キャンパス内の各建物は、情報処理センターと光回線で接続しています。各建物内には情報コンセント、及び一部の建物では無線LAN のアクセスポイントを設置し、学内外ネットワークの拡充を行なっています。
 本学では、情報処理センターが提供している認証基盤システムにより、利用者は一組のアカウント(本学のアカウントは「海洋大ID」と呼んでいます)とパス ワードで、メールシステムや無線LAN システム等の複数のシステムが利用できます。海洋大ID は入学時に配布される「ユーザID 通知書」に記されています。なお、情報処理センター教育システムの利用には、IC カード学生証による認証が必要になります。

 情報処理センターでは、キャンパスごとに情報処理センター品川地区、情報処理センター越中島地区を設置し、ネットワークや各システムの運用管理の他、利用者からの問合せ対応などを行っています。以下、必要とされる情報のリンク先をクリックしてください。