東京海洋大学 越中島地区 情報処理センター

はじめに

情報処理センター越中島地区は、大学のライフラインとしての性格を有するネットワークやコンピュータについて、インフラ‐エンジニアとしての役割を担っています。 そして、ネットワークやコンピュータなどのハードウェアはもとより、これらと連携強化している基盤的ソフトウェアや教育・研究にかかわるシステム等の、運用・整備・保守を包括的に行っています。

本センターでは、限られた資源および少数スタッフにて、学術研究活動の停滞を招くことのないように配慮とサポートを行うよう努めています。 また、運用に当たっては、利用者がいつでも快適に利用できるよう支援を行うことが必要であると考えています。

お知らせ

↑ページのトップへ