東京海洋大学 越中島地区 情報処理センター

センター越中島地区紹介

本学情報処理センター越中島地区は、教職員、大学院生、学生を対象とした学術研究のための計算機処理、情報処理教育を目的とした学内共同利用の越中島地区の施設です。
センターシステムは、ネットワーク、認証基盤システム、各種サーバ群および教育用PC端末が有機的に結合され、高速計算から視覚化処理などの支援を行っています。
これらは、学内LANを通じ学外インターネットに接続されており、インターネット、電子メール、アプリケーションソフト、そして履修登録などの各種サービスが利用できます。

越中島キャンパス2号館
2号館2階 A教室

教室・設備について

情報処理センター越中島地区の教育用端末室(PC教室)は、A教室が2号館2階に、B教室が1号館1階にあります。
教育用端末(PC)は、A教室に86台、B教室に46台設置してあります。
そして、A教室にはオンデマンドプリンタ(有料印刷)が1台設置してあり、また図書館及び越中島会館内の大学生協にもそれぞれ1台が設置されています。
また、利用者のサポートを行うべく、プロジェクタなどの視聴覚機器を整備し、B教室には大型インタラクティブディスプレイ装置を設置しました。
なお、OSは、Windows8.1/64bitとLinux(Ubuntu32bit)で、利用するためにはWindowsかLinuxに関する知識が必要となります。
教室のPCおよびオンデマンドプリンタは、一年前学期の情報リテラシーの初回授業のなかで、利用方法についての指導を受けてから利用してください。

主な業務について

情報処理センター越中島地区では、センター利用者のために次のような業務を行っています。

■各種申請の受付・対応

学内LANに接続するためのIPアドレスの取得等に必要な「ネットワーク接続申請書」、学外との通信における特別なセキュリティ設定に必要な「FireWall通過設定申請書」、PC教室の臨時使用の際に必要な「教育用計算機室利用申請書」などを受け付け、対応しています。
 ⇒[各種申請書]はこちら

なお、「無線LAN短期接続」の申請等に関しては、[東京海洋大学 無線LAN利用のガイド]を確認のうえ、「無線LAN窓口担当」へメール(wlanoffice@m.kaiyodai.ac.jp)にてお問い合わせください。

■教育用端末室(PC教室)の管理・整備

教室の機器環境を常に正常に保ち、授業等で円滑に利用できるように、PCおよびオンデマンドプリンタ装置等の保守・整備とセキュリティ維持を行っています。
保守・整備に関しては、スタッフによる朝昼夕の巡回による全般点検と、定期的な重点点検を実施しています。また、PC教室内の美化推進にも積極的に取り組んでいます。
セキュリティ維持に関しては、まず、PC利用のログイン時にICカード認証を求めています。そして、教室内に監視カメラを装備することにより、夜間も含めてスタッフの駐在なしでも安全が確認できるシステムを整えています。

なお、機器類への支障を防ぐ目的で、教室内への飲食物の持ち込みを禁止としています。

■ネットワークの管理・整備

ネットワークが常に円滑に利用できるよう監視・整備・管理を行っています。

■問い合わせ対応

平成28年4月より、情報処理センターシステムが更新されました。新システムに関する問い合わせにつきましては、新システムに関する問い合わせ窓口にお願いします。
ただし、利用者所有の個々の接続機器本体に関する故障・不調やアプリケーションについての問い合わせには、対応いたしません。
教員室・研究室からの個別のお問い合わせにつきましては、情報処理センター越中島の限られたスタッフによる運用状況により、やむを得ず原則として応じていませんが、お困りの際には可能な範囲で対応を行う場合もあります。
 ⇒[問い合わせ/FAQ]はこちら

なお、無線LANシステムに関しては、[東京海洋大学 無線LAN利用のガイド]を確認のうえ、
「無線LAN窓口担当」へメール(wlanoffice@m.kaiyodai.ac.jp)で問い合わせてください。

↑ページのトップへ